ラブモモ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected_entries

categories

archives

recent_comments

recent_trackback

bookmark

infomation

search

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.07.25 Friday : : author_スポンサードリンク
- : - : -

京都と檸檬

「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」

NIKKEI NETでの記事「世界最古のイタリアの薬局、京都市に来月出店
ということでこのお店に行ってきました。
四条烏丸にある町屋をいい雰囲気に使っていました。
最近石鹸に興味があるので、これは楽しみと自分の分、
そして今週末に会うお友達にお土産でいくつか買うつもりだったのです。

これがすべて高価でした。びっくりしました。
店内は石鹸、バスソルト、化粧水、乳液、パウダーなどハーブ茶も
ありました。石鹸が携帯電話のサイズで2500円平均かな。
バスソルトはザクロソルトがあって
(なにやら稲垣氏が愛用だとか)5400円。
ハーブ茶は2500円ぐらい見当。
シャンプー・リンスは各5000円くらい。
かわいいベビーシャンプーとかベビー石鹸とかありましたよ。
でも高くて買えませんでした。残念。

それよりも京都案内雑誌で見つけた、
俵屋の石鹸6こ入り1350円に惹かれた。今度買いに行こう。

そしてレストランでディナーをいただきました。
夕方に電話をしたら、もう満席だとか。カウンターでよければと
いうことだったので、そこでお願いしました。
お客様も地元の年配の方がいたり、外国人の方が来ていたり、
落ち着いた静かな雰囲気の中、美味しいお料理をいただきました。
前菜やパスタが美味しかった。
前菜は、淡路のさざえ、トロのあぶり焼き、ゴルゴンゾーラのカナッペ
黄色のヒレの鯛のキャビア添え、イタリアのブロッコリー2種が
ワンプレートに。
次のお皿牛のカルパッチョ、パルメザンチーズスライス添。
パスタが丹波栗とマツタケのクリームカルボナーラ風。
メインは鯛とホタテのバルサミコソースだったのでちょっといまいち。
でも楽しかったです。
山田宏巳氏がレストランは監修しているとか?(Hanako情報)

京都に来たからには、10月で閉店してしまう丸善に行きたかった。
丸善で梶井基次郎の「檸檬」文庫本を買いたかったです。
私は梶井の「檸檬」は御茶ノ水の丸善だと思っていたのですが、
京都の丸善であると新聞で読みました。
今回の閉店を惜しむ読者の方々で「檸檬」がまた売れて、
さらに梶井のように「檸檬」をお店においていく人がいるそうです。
御茶ノ水にも丸善があったのですが、
中学生の頃、さだまさしが「檸檬」という歌を歌っていて、
それが御茶ノ水の聖橋から檸檬を放るという歌詞で、
その檸檬が梶井基次郎の「檸檬」から来ているということで、
当時からなじみがあります。
そして御茶ノ水に「檸檬」という画材やさんがあって
私たちは油絵のキャンバスをそのお店の「LEMON」という大きな袋に
いれて学校に通うのがかっこいいと思っていました。
幼いな。でもお茶の水はそんな思い出の町です。
そこに「檸檬」がつながっています。

2005.10.07 Friday : 01:26 : author_
- : comments(0) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

2008.07.25 Friday : 01:26 : author_スポンサードリンク
- : - : -

comments









trackback

http://lovelovemomo.jugem.cc/trackback/40

ベビー石鹸 といえば

こんなのもありますね。

ベビー石鹸? - 2007/06/09 12:02 AM

ベビー石鹸 といえば

こんなのもありますね。

ベビー石鹸? - 2007/06/11 9:45 PM

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved. : JUGEM : admin : RSS1.0 : Atom0.3 : top